公益法人会計ソフトならケイエムシー

TEL:028-613-5111(代) FAX:028-683-1888
問い合わせは・資料請求はこちらから
複雑な公益法人会計は公楽にお任せください。総合的に会計業務を支援し、事務作業の大幅な省力化をお約束します!
公楽 会計ソフトのご紹介
公楽 会計ソフト 見出し
-公楽- 会計ソフト メニュー画面
【わかりやすいメニュー構成】
処理のタイミングによって、メニューが構成されています。伝票入力、元帳発行は日次処理、合計残高試算表、予算執行状況は月次処理、決算書類は決算処理 とそれぞれ分類されており目的の処理にスムーズに画面展開できます。
-公楽- 会計ソフト ログイン画面
【ログイン制限】
○処理年度
・過去から現在の使用したい年度の切り替えができます。
○使用者、暗証番号
・設定した使用者及び暗証番号を正しく入力しないと、メニュー画面に進めません。
・使用者ごとに権限を設定できます。設定した権限によって使用できるメニューを制限することができます。
公楽 会計ソフト 見出し
-公楽- 会計ソフト 期首予算入力画面
1、入力しやすい一覧表形式での予算登録が可能です。
2、正味財産予算、収支予算それぞれの入力が可能です。
3、入力の2度手間を省くため、収支→正味財産、正味財産→収支の予算複写が可能です。(予算複写機能)
4、前年度予算は、年次更新をすることにより自動的に表示されますが、修正することも可能です。
公楽 会計ソフト 見出し
-公楽- 会計ソフト 支出伺入力画面
1、選択した科目について、入力した伺い日、所属、会計・事業における予算残額が表示されます。
2、予算残額を超える金額が入力された場合、注意メッセージが表示されます。
3、相手方情報を入力する事により、最終的に振込データ作成時の振込先としてデータ登録されます。
4、摘要欄に入力できる文字数は全角で250文字です。
5、伝票登録時の使用者情報から起票者・起票日及び、最終更新者・最終更新日が履歴として自動的に登録され、画面で確認できます。
公楽 会計ソフト 見出し
-公楽- 会計ソフト 支出伝票入力画面
1、伺い書を発行することにより、伺い書番号から、会計、仕訳、摘要、相手方などのほとんど全ての情報が自動的に表示できます。(伺→伝票連携機能)
2、相手方情報は、1取引について複数の振込先を設定できます。
3、一度起票した伝票で毎月同じ内容の伝票がある場合(光熱水費、通信費)など、伝票複写機能を使用することにより、簡単に複写でき、新しい伝票として利用できます。
4、伺い書がなく、伝票から起票する場合でも、入力の手間が極力かからないように、入力補助機能を用意しています。(自動仕訳機能、金額複写機能)
公楽 会計ソフト 見出し
-公楽- 会計ソフト 合計残高試算表照会画面
○照会画面が連携して画面展開します。
・合計残高試算表照会の科目をダブルクリック
  →その科目の元帳照会が開きます。
 
・元帳照会の伝票明細をダブルクリック
  →その伝票の伝票照会が開きます。
 
・伝票を修正
  →修正した金額が、元帳照会及び合計残高試算表照会に即時反映されます。
 

 

 

 

-公楽- 会計ソフト 元帳照会画面 -公楽- 会計ソフト 伝票照会画面
公楽 会計ソフト 見出し
-公楽- 会計ソフト 事業按分入力画面
・20年度基準会計では、事業区分方式を採用しているため、役員報酬等各事業に配賦しなくてはいけない科目が発生します。
・通常の処理をしてしまうと、各事業ごとに伝票記帳することになるため膨大な伝票枚数と共に記帳の手間が発生します。
・それを改善するため按分処理があります。
・按分処理は指定した期間(例えば、即日、月次、年次)で科目を指定することにより、執行額をまとめて一定の按分率により、自動的に按分することが可能になります。 按分率は事前に雛形を登録することが可能です。
公楽 会計ソフト 見出し
-公楽- 会計ソフト 振込状況表サンプル
・伺い書(または伝票)入力時に、相手方情報を登録することにより、全銀フォーマット形式の銀行振込データを作成することができます。それにより、振込依頼書の作成の手間が削減できます。
・相手先ごとの指定期間内の取引情報が出力できます。
・伝票入力時に一括振込指定をすることにより、指定日の同じ相手方の振込を一本化することができます。
・銀行マスタは定期的に弊社で更新いたします。(保守契約必須)
・銀行合併などにより、すでに使われていない銀行コードを設定している相手方は、不正銀行登録相手方として、チェックリストに出力できます。
-公楽- 会計ソフト 振込依頼書サンプル
公楽 会計ソフト 見出し
-公楽- 会計ソフト 年次更新画面1
○2種類の更新処理
・決算期と新年度の処理の平行稼動ができます。
・前年度からの残高の移行は何度でも処理可能です。移行する期間は問いません。いつでも更新できます。
・選択したマスタのみ更新する事ができます。
 例えば、一度更新した後に旧年度で新規の相手方(振込先)が発生した場合、相手方マスタのみ再度更新できます。

 

 

 

 

-公楽- 会計ソフト 年次更新画面2
公楽 会計ソフト 見出し
日次処理メニュー
  • 収支伺入力
  • 支出伺入力
  • 伝票入力
  • 事業按分入力
  • 事業按分シミュレーション
  • 伝票印刷
  • 仕訳帳
  • 日計表
  • 未振替伺一覧表
  • 予算差引簿
  • 元帳
  • 現預金出納帳
月次処理メニュー
  • 補助科目残高一覧表
  • 合計残高試算表
  • 補正流用予算入力
  • 予算流用補正一覧表
  • 予算執行状況表
  • 収支補正予算書
  • 収支補正予算書内訳表
  • 収支補正予算書総括表
  • 適用文計算書
照会処理メニュー
  • 合計残高試算表照会
  • 元帳照会
  • 予算執行残高計算
振込処理メニュー
  • 振込依頼書データ作成
  • 振込状況表(業者別)
  • 振込状況表(支払日別)
  • 不正銀行設定相手方一覧表
期首処理メニュー
  • 期首予算入力
  • 収支予算書
  • 収支予算書内訳表
  • 収支予算書総括表
  • 期首残高入力
  • 前年実績入力
決算処理メニュー
  • 収支計算書
  • 収支計算書内訳表
  • 収支計算書総括表
  • 正味財産増減計算書
  • 正味財産増減計算書内訳表
  • 正味財産増減計算書総括表
  • 貸借対照表
  • 貸借対照表内訳表
  • 貸借対照表総括表
  • 財産目録
  • 附属明細書
  • キャッシュフロー計算書
マスタ保守メニュー
  • 会計マスタ保守
  • 科目マスタ保守
  • 科目印刷順設定
  • 所属マスタ保守
  • 使用者マスタ保守
  • 銀行マスタ保守
  • 銀行支店マスタ保守
  • 相手方マスタ保守
  • 通帳マスタ保守
  • 適用文マスタ保守
  • 定型仕訳マスタ保守
  • 収支備考入力
  • 財産目録注記入力
  • 按分定型マスタ保守
マスタ印刷メニュー
  • 会計マスタ印刷
  • 科目マスタ印刷
  • 科目印刷順一覧表
  • 所属マスタ印刷
  • 使用者マスタ印刷
  • 銀行マスタ印刷
  • 銀行支店マスタ印刷
  • 相手方マスタ印刷
  • 通帳マスタ印刷
  • 適用文マスタ印刷
  • 定型仕訳マスタ印刷
  • 収支備考一覧表
  • 財産目録注記一覧表
  • 按分定型マスタ印刷
消費税処理メニュー
  • 消費税計算書
  • 消費税区分一括設定
期末処理メニュー
  • 年次更新
  • 期末更新
管理情報メニュー
  • 管理情報設定
  • 前年度科目変換設定
  • 前年度科目変換一覧表
  • 名称分類マスタ保守
  • 名称マスタ保守
  • 名称マスタ印刷
  • バックアップ・リストア
  • 次年度データ削除
  • 帳票再設定
公益法人財務会計ソフト -公楽-
会 計
予算見積
給 与
支払調書
消費税
よくあるご質問